サービス 一覧メニュー
特別養護老人ホーム
ショートステイサービス
デイサービス
ホームヘルパー
介護付有料老人ホーム
グループホーム
サービス付高齢者向け住宅
居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
福祉有償運送事業
小規模多機能ホーム

特別養護老人ホーム みどり荘

ご利用対象者様

要介護3~5までの認定を受けられている方

要介護1~2の認定を受けている方でやむを得ない事由による

特例入所が必要な方 (定員130名)

部長挨拶

介護部長 荒砂 美紀

特別養護老人ホームみどり荘は、昭和49年3月からの長い歴史と本入荘130名、短期入所生活介護事業所24名の大人数の事業所であり、介護福祉士の有資格者が多く勤務しています。
また、利用者様お一人おひとりの容態を見極め、判断する力の向上と、愛情深く接することを日々目指しています。

季節感を感じて頂くために、毎月行事を行っていますので、ご家族の方も是非遊びに来てくださいね。


特養のご紹介

 
管理栄養士のもと、お一人おひとりに適した食事を提供しております。   水島第一病院が併設されているうえ、施設へ   常勤医師も配置しており、看護師とともに、万全な体制で、健康管理に務めています。
機能訓練員による機能回復訓練や、クラブ活動も行っています。
毎月行われる行事では、ご利用者様はもちろん、ご家族様にも大勢ご参加いただいています。

入所申込み方法

介護部長 大月 光子
お越しの際は、北側の玄関からどうぞ。

ご来荘の前に必ずご連絡下さい

随時受付しております。
(12月31日~1月3を除く)

ご持参いただくもの

  • 介護保険証

年間行事のご案内

1月 おとそ・福笑い 7月 サマーバイキング
2月 豆まき 8月 盆踊り
3月 ひな祭り 9月 敬老の日祝賀会
4月 お花見 10月 地域行事への参加
5月 母の日 11月 ミニミニ運動会
6月 父の日 12月 クリスマス会

ご利用料金

表示は30日の料金です。(@マークは、一日あたりの料金です)


①基本料金+②居住費+③食費=利用料金となります。

例)
「要介護5」の方が「多床室」の利用(自己負担1割)で居住費・食事の「利用者負担4段階」の認定の場合
①27,920円+②25,200円+③41,400円=94,520円
※①の基本料金の8.3%が介護職員処遇改善加算Ⅰとして加算されます。

① 基本料金

  多床室(1割) 多床室(2割) 個室(1割) 個室(2割)
要介護1
   19,910円

(@659円) 

   39,820円

(@1,318円) 

19,910円

(@659円)

  39,820円

(@1,318円)

要介護2
    21,920円

(@726円) 

   43,840円

(@1,452円) 

21,920円

(@726円)

       43,840円

(@1,452円)

要介護3
    23,,960円

(@794円) 

47,920円

(@1,588円) 

23,960円

(@794円)

47,920円

(@1,588円)

要介護4
     25,970円

(@861円) 

51,940円

(@1,722円)

25,970円

(@861円)

51,940円

(@1,722円)

要介護5

27,920円

(@926円)

55,840円

(@1,852円)

27,920円

(@926円)

  55,840円

(@1,852円)

※基本料金につきましては、お手持ちの介護保険負担割合証にて確認させていただきます。

※上記基本料金には各種加算が含まれております。(介護職員処遇改善加算を除く)
※個別に加算が追加される場合がございますがその都度ご相談させていただきます。


② 居住費

負担段階 多床室 個室
利用者負担1段階
9,600円  (@320円)
  9,600円  (@320円)  
利用者負担2段階
11,100円  (@370円)
  12,600円  (@420円)  
利用者負担3段階
11,100円  (@370円)
  24,600円  (@820円)  
基準費用額
利用者負担4段階
25,200円  (@840円)
  34,500円  (@1,150円)

③ 食費

負担段階 食 費
利用者負担1段階
  9,000円  (@300円)
利用者負担2段階
 11,700円  (@390円)
利用者負担3段階
 19,500円  (@650円)
基準費用額
利用者負担4段階
  41,400円  (@1,380円)

※その他、日常生活費等の自己負担がかかる場合があります。


居住費・食費の減額について

年金・その他所得の合計からみた段階別の判断基準(市町村にて段階を判断します)

1.利用者負担第1段階 :生活保護受給者・老齢福祉年金受給者
2.利用者負担第2段階 :年金所得+その他の所得(年間)80万円以下
3.利用者負担第3段階 :年金所得+その他の所得(年間)80万円以上もしくは市町村民税課税

                                        世帯であるか、特例減額措置を受けられる方
4.基準費用額(利用者負担第4段階) :上記以外


詳細につきましては生活相談員にお問い合わせ下さい。

お問合せ・アクセス

お問合せ

TEL(086)444-6521

 お問合せメールフォームはこちら


アクセス

 詳しいアクセス方法はこちら