サービス 一覧メニュー
特別養護老人ホーム
ショートステイサービス
デイサービス
ホームヘルパー
介護付有料老人ホーム
グループホーム
サービス付高齢者向け住宅
居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
福祉有償運送事業
小規模多機能ホーム

ショートステイサービス

みどり荘短期入所生活介護事業所 ご利用料金

①基本料金+②送迎代+③居住費+④食費=利用料金となります。

例)
「要介護3」の方が「多床室」の利用で居住費・食費の「利用者負担4段階」の認定で3泊4日ご利用の(自己負担1割)場合(往復送迎付・毎食付)
①(882円×4日)+②(184円×2回)+③(370円×4日)+④(1380円×4日)=10,896円
※①の基本料金と②の送迎代の合計利用料金の8.3%が介護職員処遇改善加算Ⅰとして加算されます。

 


① 基本料金(1日) 

予防 基本料金(1割) 基本料金(2割)
要支援1 547円 1,094円
要支援2 653円 1,306円
介護 基本料金(1割) 基本料金(2割)
要介護1 744円 1,488円
要介護2 812円 1,624円
要介護3 882円 1,764円
要介護4 950円 1,900円
要介護5 1,016円 2,032円

※基本料金には各種加算が含まれております。(介護職員処遇改善加算を除く)

※別途、生活機能向上連携加算(200単位/月額)が算定されます。

 

② 送迎代(片道)

送迎代(1割)
184円
送迎代(2割)
368円

※①基本料金②送迎代についてはお手持ちの介護保険負担割合証にて確認させていただきます。


③居住費(1日)

負担段階 多床室 個室
利用者負担1段階 0円 320円
利用者負担2段階 370円 420円
利用者負担3段階 370円 820円
基準費用額
利用者負担4段階
840円 1,150円

④ 食費

負担段階 食費(一日)
利用者負担1段階 300円
利用者負担2段階 390円
利用者負担3段階 650円
基準費用額
利用者負担4段階
1,380円

※その他、日常生活費等の自己負担がかかる場合があります。


居住費・食費の減額について

年金・その他所得の合計からみた段階別の判断基準(市町村にて段階を判断します)

1.利用者負担第1段階 :生活保護受給者・老齢福祉年金受給者・境界層該当者
2.利用者負担第2段階 :合計所得金額+課税年金収入額の合計が(年間)80万円以下
3.利用者負担第3段階 :合計所得金額+課税年金収入額の合計が(年間)80万円を超える方

                 市町村民税課税世帯であるが、特例減額措置を受けられる方
4.基準費用額(利用者負担第4段階) :上記以外 の方


詳細につきましては生活相談員にお問い合わせ下さい。

みどり荘短期入所生活介護事業所きらり ご利用料金

①基本料金+②送迎代+③居住費+④食費=利用料金となります。

例)
「要介護3」の方が居住費・食費の「利用者負担4段階」の認定で3泊4日ご利用の(自己負担1割)場合(往復送迎付・毎食付)
①(858円×4日)+②(184円×2回)+③(1,970円×4日)+④(1,380円×4日)=17,200円
※①の基本料金と②の送迎代の合計利用料金の8.3%が介護職員処遇改善加算Ⅰとして加算されます。

① 基本料金(1日)

予防 基本料金(1割) 基本料金(2割)
要支援1 548円 1,096円
要支援2 672円 1,344円
介護 基本料金(1割) 基本料金(2割)
要介護1 718円 1,436円
要介護2 785円 1,570円
要介護3 858円 1,716円
要介護4 924円 1,848円
要介護5 990円 1,980円

※基本料金にはサ-ビス提供体制強化加算(Ⅰ)イ(18単位/日)が含まれております。(介護職員処遇改善加算を除く)

※別途、療養食加算(8単位/1食につき)、生活機能向上連携加算(200単位/月額)が加算される場合があります。

 

② 送迎代(片道)

送迎代(1割)
184円
送迎代(2割)
368円

※①基本料金②送迎代にいてはお手持ちの介護保険負担割合証にて確認させていただきます。


③ 居住費(1日)

利用者負担1段階 820円
利用者負担2段階 820円
利用者負担3段階 1,310円
基準費用額
利用者負担4段階
1,970円

④ 食費

  食費(一日)
利用者負担1段階 300円
利用者負担2段階 390円
利用者負担3段階 650円
基準費用額
利用者負担4段階
1,380円

※その他、日常生活費等の自己負担がかかる場合があります。
※ご希望の方はテレビの貸し出しを介護保険外のサービスで行っております。(150円/1日)


居住費・食費の減額について

年金・その他所得の合計からみた段階別の判断基準(市町村にて段階を判断します)

1.利用者負担第1段階 :生活保護受給者・老齢福祉年金受給者・境界層該当者
2.利用者負担第2段階 :合計所得金額+課税年金収入額の合計が(年間)80万円以下
3.利用者負担第3段階 :合計所得金額+課税年金収入額の合計が(年間)80万円を超える方

                 市町村民税課税世帯であるが、特例減額措置を受けられる方
4.基準費用額(利用者負担第4段階) :上記以外 の方


詳細につきましては生活相談員にお問い合わせ下さい。